TRUTH IS DEEP IX

PROFILE


長袖に隠す経験の重量感、音にさらけ出す苦悩で濾過された中毒者。上げた頭が下がりません。ゆとり世代が騒ぐ世上へのコンプレッサー。一本の細針から伝わるIndigo Prophecy。
SAGGA (RAPPER)

背負ってきた過去とこれからの未来。見てきた闇とこれからの光。彼の音楽が物語る。誰が一番のビートメーカーか?誰がベストか?そんな話をすんのがバカバカしいのは分かってる。けど、彼がひとつのベストの形を提示してる。世界レベルのビートを北九州の小倉で鳴らしてる。今日も地元のイケてる仲間に囲まれて。
EGO(RAPPER)

出逢いにでっかい感謝。いつも温かい優しさにあふれるHUG。バーボン片手に一緒に笑い、真直ぐな気持ちを話し、過去,,,未来へ,,,と湧く最高の仲間。人の内からの込み上がりを止めない音は今日も俺のスケートと一緒に街を流す。
OGU(プロ・スケーター)

TRUTH IS DEEP... 北九州小倉から響く藍色の音は殺伐としたLIFEを照らす灯火のようにこの街に住むハングリーな魂を揺さぶり明日へと走らす。単なる光と闇で言い表せない繊細で時に破壊的に紡ぐ幾多のLIFE STORY。彼との出会いはいつもbeatの上で。凍えそうなsoulを暖めてくれる802 DEEP MUSICに感謝。ONE LOVE
ISH-ONE(RAPPER)

Peace,Respect and Love... この言葉の本当の意味を音とLifeで教えてくれた人。楽譜には載らない彼の生き様はgrooveによって描かれ今日の奇跡を呼び起こす。両の手に抱かれたindigo blueの闇とやわらかな光は、beatとなって人々の歩みをstepさせる。生まれ変わっても、彼と彼の音楽に出逢いたい。
Emi(画家)

Beat...それこそが彼。 誰もが抱える闇。彼だけの闇。不運、哀しみ、淋しさ、喜び、愛。家族や仲間の苦しみ。様々な感情がMIXされ生み出されるBeat。唯一無二。大袈裟じゃなく世界レベル。音を愛し続ける事で音に愛される男。
KK(RAPPER)

ストリートで頭角を表し放ち続ける存在感...夜な夜な小倉の街に響く彼のプレイはいつも俺のsoulを刺激する。LIFEから獲た感情を音で表現し、発信される作品の数々は彼そのもの。彼を感じるには語るより聴く方が早い。 EIKI(RAPPER)

北九州、埼玉。
距離は遠いが何故かこの男を近くに感じてる。なんとなく育った街が似ているのか・・?好きな女のタイプが似ているのか・・・?きっとそれは彼の作り出す世界観だろう。安心できる。ビート上で解り合える。ただそれだけで俺達には十分だ。この貴重な出会いに感謝。 また最高の仲間に会うために今日もI gotta go!そう思わせてくれる男。
FUKK(RAPPER)

詳細 >>

PLAYER

today

二年前のふらっと寄った場所で流れてたカバーアルバム。

その場所と人と時間と一曲。いい時間でした。


I&I


2014-10-29 11:37:05投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO

    today #throwback

    ワンカップ(日本酒)を見ると爺ちゃんと婆ちゃんを思い出します。

    爺ちゃんは元国鉄(現JR)の職員。昔大きな事故に遭ったらしく両足は膝下から義足。無類の酒豪でね、バケツがあふれるほど吐血しても呑むような人だった。不自由な身体で定年まで働き、誰に頼る事なく生活のすべてを自分でやる。俺たち家族の中ではそれが日常だったけど、今思えば本当にタフな人だった。

    仕事帰りに必ず板チョコをお土産に買ってくれてね。それが毎日の楽しみで夕暮れ時になると玄関の外で爺ちゃんの帰りを待ってた。怒られたって記憶は一度もないしね。義足も俺にとってスーパーマシンに見えてさ。大人になったら俺もあのマシンでトランスフォーム出来るって信じてたよ。

    婆ちゃんは倹約家で物を大切にする人でした。時代は昭和、ちょうどホッカイロが発売された頃でね。寝る前に使いかけのホッカイロを袋に戻し、タンスの引き出しにはさんで封を閉じる。翌朝、少し固くなったそれをほぐし「ほら温かくなった」そう言って雪の日に持たせてくれる。

    本当に花が大好きな人でね。雨の日も風の日も花の手入れをかかさなかったよ。おかげでオンボロ長屋の周りはいつも綺麗な花で囲まれてた。婆ちゃんにもらった小遣いで婆ちゃんに贈る苗を買う。やや間違いはあるけども心から喜んでくれる婆ちゃんの顔を見るのが敬老の日の俺の使命だったよ。ここ数年やっと植物を枯らさなくなったんだけど、その事をいちばん褒めてほしいのは婆ちゃんです。

    爺ちゃんの呑んだワンカップの空瓶が我家のグラス。食卓に並ぶとどれが水か酒か分からなくてね。間違えてがぶ飲みしては台所に走る。その姿を見て家族が笑う。5歳から13までの8年間、ほんの少し人より短いけどね。思い出すだけで温かくなる家族の時間がある事を俺は幸せに思います。

    14で自由になって、自分の人生も壊し、他人の人生も壊し、銃を手にした日も、独りになった日も、ほんのわずかでも、俺の心から良心が消えなかったのはその時間のおかげだと思ってます。

    俺が「家族」という言葉を使うのも。

    血の繋がらない俺を生涯「孫」と呼んでくれた二人のおかげです。

    I&I

    2014-10-28 18:23:28投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO

      today

      変わらない状況を変えてく為に
      変わってく時代に変わらず進む。

      その道で出逢う人間とは一生もん。

      I&I

      2014-10-26 01:21:27投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO