TRUTH IS DEEP IX

PROFILE


長袖に隠す経験の重量感、音にさらけ出す苦悩で濾過された中毒者。上げた頭が下がりません。ゆとり世代が騒ぐ世上へのコンプレッサー。一本の細針から伝わるIndigo Prophecy。
SAGGA (RAPPER)

背負ってきた過去とこれからの未来。見てきた闇とこれからの光。彼の音楽が物語る。誰が一番のビートメーカーか?誰がベストか?そんな話をすんのがバカバカしいのは分かってる。けど、彼がひとつのベストの形を提示してる。世界レベルのビートを北九州の小倉で鳴らしてる。今日も地元のイケてる仲間に囲まれて。
EGO(RAPPER)

出逢いにでっかい感謝。いつも温かい優しさにあふれるHUG。バーボン片手に一緒に笑い、真直ぐな気持ちを話し、過去,,,未来へ,,,と湧く最高の仲間。人の内からの込み上がりを止めない音は今日も俺のスケートと一緒に街を流す。
OGU(プロ・スケーター)

TRUTH IS DEEP... 北九州小倉から響く藍色の音は殺伐としたLIFEを照らす灯火のようにこの街に住むハングリーな魂を揺さぶり明日へと走らす。単なる光と闇で言い表せない繊細で時に破壊的に紡ぐ幾多のLIFE STORY。彼との出会いはいつもbeatの上で。凍えそうなsoulを暖めてくれる802 DEEP MUSICに感謝。ONE LOVE
ISH-ONE(RAPPER)

Peace,Respect and Love... この言葉の本当の意味を音とLifeで教えてくれた人。楽譜には載らない彼の生き様はgrooveによって描かれ今日の奇跡を呼び起こす。両の手に抱かれたindigo blueの闇とやわらかな光は、beatとなって人々の歩みをstepさせる。生まれ変わっても、彼と彼の音楽に出逢いたい。
Emi(画家)

Beat...それこそが彼。 誰もが抱える闇。彼だけの闇。不運、哀しみ、淋しさ、喜び、愛。家族や仲間の苦しみ。様々な感情がMIXされ生み出されるBeat。唯一無二。大袈裟じゃなく世界レベル。音を愛し続ける事で音に愛される男。
KK(RAPPER)

ストリートで頭角を表し放ち続ける存在感...夜な夜な小倉の街に響く彼のプレイはいつも俺のsoulを刺激する。LIFEから獲た感情を音で表現し、発信される作品の数々は彼そのもの。彼を感じるには語るより聴く方が早い。 EIKI(RAPPER)

北九州、埼玉。
距離は遠いが何故かこの男を近くに感じてる。なんとなく育った街が似ているのか・・?好きな女のタイプが似ているのか・・・?きっとそれは彼の作り出す世界観だろう。安心できる。ビート上で解り合える。ただそれだけで俺達には十分だ。この貴重な出会いに感謝。 また最高の仲間に会うために今日もI gotta go!そう思わせてくれる男。
FUKK(RAPPER)

詳細 >>

facebook

PLAYER

東京-小倉時間

俺は大切な時間って分単位で覚えてるから、いつも話が長くなるんだけどね。

東京には俺みたいなもんを両手広げて待ってくれる人が居ます。俺たちもそう、この街でその人たちを両手広げて待ってます。

安い酒でじゅうぶん、財布なんか気にせず鍋でもつつけりゃね。腹ん中に入ればぜんぶ一緒だしさ。ネットでも携帯でもない時間が最高やね。

「またね」約束して逢えなくなった人、たくさん居るから。

話したくない事まで話す必要はないしね。取り留めのない会話でいいんです。言葉は多くても少なくても大丈夫。その中から大切なもの拾い合うのが人の付き合いです。

それぞれの日常に戻れば、それぞれの時間と闘いがあります。でもね、一日の終わりに顔を想い浮べるとね。約束なんかなくたってこう思うんです。

「再会にまた一日に近づいた」と。

それまでくれぐれも身体に気をつけて。必ずまた逢いましょう。

I&I

2014-07-13 18:14:30投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO

    我音芸術祭

    6/29(日)11am

    前日の宇部の夜韻に起きてもまだ興奮、カーテンを開けると9Fの窓から観える海。iPhoneの中から好きな曲選んで、しばらくその景色を眺めてました。

    DJ KOH、DJ KATO、DJ HIBOWw、DJ BATOKIN(ありがとう)。宇部や周南のベストDJ達と合流、一久で男ラーメン。その足でイベントへ向かう三人と別れ、BATOKINの車で小倉へ。行き帰りの車内はそれぞれのルーツや街の話、本当にグッとくる時間でした。

    2:30pm 小倉

    4時にはOpenなのに準備の始まってないプロキオに到着。こういうノリ俺は好きです(笑)しばらくするとDJ BEI、DJ TOSHIBOも合流してスタッフとDJ陣で会場の準備。ゆるやかに始まってく時間。

    有り難い事に俺の音楽も月日の中で色んな場所で温かく迎えてもらってます。でもすべてがそうじゃないし、楽しさからかけ離れたところで作ってると言っても嘘にはならないと思います。売られる喧嘩、もちろんあります。

    この日、集った人たちは短くても10年、20年。中には30年以上の付き合いも。

    「あん時は世話になったね」
    「あの時はお世話になりました」
    「ありがとね」
    「こちらこそ」
    「変わらんね」
    「お互いに」

    変化があるとすれば家族が増えた事、集う大人と同じくらいの子供の数。そこら中走り回ったり紙飛行機飛ばしたり、子供の笑い声と夕方のビール。ピースとラブと音楽しかない時間。

    これ以上語ることはないね。主催してくれたケンちゃん&たまちゃん、スタッフの皆さん、プレイした皆さん、集った皆さん、マジ最高でした。

    地元でしか出来ない事。まさに「これ」だと思います。また遊びましょう!

    I&I

    2014-07-11 22:16:53投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO

      ND Color In The Corner

      NDとの間で雨を待とうって話だったんだけど、これが意外に難しくてね。東京が雨の日は小倉が晴れ、またその逆だったりでさ。

      俺の好きな雨の詩ってのはそこに痛みがあるものが多くてね。全20色の「その街の色」と名付けたこの曲たちにもそれぞれの日常、街並に「痛み」ってのが在ります。

      「雨待ち」

      本当にただの思いつきではあるんだけど、詩の届いた気持ちのいい5月に義務的にアップするよりも、雨という演出に意味をもたせたいという俺たちだけの理由です。

      そうして辿り着いたのが七夕。

      ホントに偶然でさ、それに気づいた時は照れで耳まで熱くなったけどね。この自由ヶ丘色の短冊に音楽と音楽を愛するそれぞれの街のSOULがガッチリ結ばれる様にって理由(願い)を後付けしました。

      ジャケットは数々のクラシックを手がけるSINGLESことYOU-SEEとフォトグラファーJOE TSUKAGOSHI



      よろしくです。

      I&I

      2014-07-11 02:07:48投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO