TRUTH IS DEEP X

ABOUT

北九州小倉。現実として暴力が裏を取り仕切る街で、ヒップホップが根付くのは必然だ。この世の底じゃ、ただのラブソングなんかではとても酔えない時がある。ただ、ただ暴力に憧れたり、煽ったり、勝ち誇ったりするヒップホップはビギナー。違うんだよ。ヒップホップの神髄ってのはその先にあるんだよ。暴力じゃどうにもならねえ。それじゃ手に入らねえ。それどころか失ってしまう。気付くのが少し遅くてもう2度とやり直せねえ。たった独りになった時に初めて解る。そんな哀切を代弁するような音楽。そんな忍苦を笑いや優しさにまで昇華させる音楽。そんな痛みを痛みとしてごまかさねえで人生の教訓として心身に刻み付けておく音楽。周りに流されて満タンになって溢れ出しそうな、全てをぶっ壊してしまいそうな鬱屈をギリギリで踏みとどめてくれる音楽。そしてまだ終わってねえって最後にケツ蹴り上げてくれる音楽っていったら、ヒップホップしかねえ。


そう改めて俺に教えてくれたのがINGENIOUS DJ MAKINOという男と、彼の言葉と、彼の組み上げる音だった。


-tha BOSS(THA BLUE HERB SAPPORAW)-


TRUTH IS DEEP... 北九州小倉から響く藍色の音は殺伐としたLIFEを照らす灯火のようにこの街に住むハングリーな魂を揺さぶり明日へと走らす。単なる光と闇で言い表せない繊細で時に破壊的に紡ぐ幾多のLIFE STORY。彼との出会いはいつもbeatの上で。凍えそうなsoulを暖めてくれる802 DEEP MUSICに感謝。ONE LOVE。

-ISH-ONE(YINGYANG)-

長袖に隠す経験の重量感、音にさらけ出す苦悩で濾過された中毒者。上げた頭が下がりません。ゆとり世代が騒ぐ世上へのコンプレッサー。一本の細針から伝わるIndigo Prophecy。

-SAGGA (XKHALIVAS)-

背負ってきた過去とこれからの未来。見てきた闇とこれからの光。彼の音楽が物語る。誰が一番のビートメーカーか?誰がベストか?そんな話をすんのがバカバカしいのは分かってる。けど、彼がひとつのベストの形を提示してる。世界レベルのビートを北九州の小倉で鳴らしてる。今日も地元のイケてる仲間に囲まれて。

-EGO(GRAND MASTER)-

出逢いにでっかい感謝。いつも温かい優しさにあふれるHUG。バーボン片手に一緒に笑い、真直ぐな気持ちを話し、過去,,,未来へ,,,と湧く最高の仲間。人の内からの込み上がりを止めない音は今日も俺のスケートと一緒に街を流す。

-HISAYUKI OGURO(SKATER)-

Beat...それこそが彼。 誰もが抱える闇。彼だけの闇。不運、哀しみ、淋しさ、喜び、愛。家族や仲間の苦しみ。様々な感情がMIXされ生み出されるBeat。唯一無二。大袈裟じゃなく世界レベル。音を愛し続ける事で音に愛される男。

-KK(ILLPEREAL)-

ストリートで頭角を表し放ち続ける存在感...夜な夜な小倉の街に響く彼のプレイはいつも俺のsoulを刺激する。LIFEから獲た感情を音で表現し、発信される作品の数々は彼そのもの。彼を感じるには語るより聴く方が早い。 

-EIKI(ILLPEREAL)-

北九州、埼玉。
距離は遠いが何故かこの男を近くに感じてる。なんとなく育った街が似ているのか・・?好きな女のタイプが似ているのか・・・?きっとそれは彼の作り出す世界観だろう。安心できる。ビート上で解り合える。ただそれだけで俺達には十分だ。この貴重な出会いに感謝。 また最高の仲間に会うために今日もI gotta go!そう思わせてくれる男。

-FUKK(G.M.P)-

Peace,Respect and Love... この言葉の本当の意味を音とLifeで教えてくれた人。楽譜には載らない彼の生き様はgrooveによって描かれ今日の奇跡を呼び起こす。両の手に抱かれたindigo blueの闇とやわらかな光は、beatとなって人々の歩みをstepさせる。生まれ変わっても、彼と彼の音楽に出逢いたい。

-Emi Itou(Umie)-

詳細 >>

PLAYER

today

今週末金曜はYamYam"Friday"。

この夜は林さんの人柄と特製カレーがメイン。

それを音でサポートできたらと思ってます。

一同リラックスして皆さんを待ってます。

I&I


2015-04-13 16:44:55投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO

    today

    近所に珈琲豆を専門に扱ってる店があり、100gずつ二種類の豆を買ってきました。

    数日徹夜の作業だったんで軽く息抜き。豆をミルで挽き、一杯を丁寧に淹れる。たったこのひと手間がリッチな気分にさせてくれます。みんなも是非。

    ちょうど一週間前は東京に居ました。阿佐ヶ谷にあるWash1n Tokyoで開催されるイベント、東京ビアウィークの初日に合わせ水曜から都内へ。

    土曜には小倉に戻りインディゴと少しタイトな予定。仕事じゃなかったらもっとゆっくり、そう思う温かい場面ばかり。それと同時にDJとして、仕事として迎えてもらえた事を心から嬉しく思う時間でした。

    広い都内はもちろん、知るだけでも川崎や埼玉に横浜。それぞれの移動時間は俺が飛行機に乗ってる時間とそんな変わらないわけです。

    出演者に遊びに来てくれた友人たち、奇跡的に都内だった小倉や札幌の友人もそう。わざわざ足を運んでくれたと思ってます。

    それ以外の時間も同じく。一緒に飯食ったり、まだ聴かせちゃいけない曲聴かせあったり、一杯のコーヒーも。そこに居てくれた人と俺の大切な時間です。他の何でもなく音と言葉で繋がり、繋げてもらった友人たち。初日から本当に温かい時間でした。




    前夜祭。

    いつも写真で見ていた一コマが繋がってく時間でした。

    機材のトラブルも初日ならではの醍醐味、皆色んな場面を経てここまで来てます。それぞれの知恵でさらっと対応する姿は流石の一言。それすら楽しんでる余裕にみんなの歴史の厚みを感じました。

    年齢的にもそれに青臭さはなく、ブースに立ち、カメラを構え、マイクを握る姿はもはや燻し銀。いちファン、いちヘッズとしてみんなの渋いプレイやライブを全員と大いに楽しみました。早めの時間設定のおかげで、そこにはちびっ子達の姿も。

    いつからかこの風景も自然なものになりました。小倉でもそう、バカな男所帯もそれぞれ素晴らしいパートナーを持ち、家庭を持ち、守り合い、支え合いながら特別な日にこうして家族連れで集う。

    この日も友人からご懐妊という本当に嬉しい報告もらいました。俺もそんなナイスな報告できるように精進していきます。




    和心からWash1nへ。

    酒は縁起物。所沢ビールのクラシック"ビッチェズブリュー"がこの日の一杯目。東京ビアウィークの話をもらった日から一杯目はこれに決めてました。

    この日までの時間、それはJazzとの出逢いでもありました。この日を待つ時間に一曲と出逢い、一曲にまつわるストーリーと出逢いながらこの日に向かいました。

    大事なのはその事ではなく、ただただ良い夜を、この場所で、この面子と作る為に。それ以外の出来事は計画出来るものではなく、すべてがサプライズで、すべてがギフトでした。

    朝の阿佐ヶ谷駅、中さん&マミーさんと一緒に最後まで残ってくれた面子を見送るまで。4/1の2pmから4/4の2pmまで。




    また来るよ。

    "縁があればいつかまた"ではなく、その約束のできる人と場所。誰にとってもそう多くはないと思います。

    今までそうだったように出逢いには必ずそれを繋げてくれた存在があります。そのひとりひとりがこの街をそう言える場所にしてくれました。

    東京という大きな括りじゃなく、通りの名で話せる事を心から嬉しく思います。2010年10月22日の最終便で到着したあの羽田の夜から。




    何より今はどの場面も"時間が足りない"と思わせてもらえた事がいちばんの感謝です。本当にありがとうございました。

    そして本当の感謝は振り返れるだけの時間が経った時にこそ感じれるものだと思ってます。懐かしいあの日、あの夜がそうだったように。

    今の俺に返せるものはまだありませんが、その日が来た時にばっちり返せる様に精進していきます。みんなも忙しく大変な日々だと思いますが、くれぐれも身体に気をつけて。そして良い一日を。

    I&I


    2015-04-11 15:39:18投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO

      Bird

      本日爽やかにリリースしました。

      聴いてくれる人たちのイメージがすべて。それがインストの醍醐味でもあると思ってます。

      楽しんで!



      I&I


      2015-03-31 11:37:53投稿者 : INGENIOUS DJ MAKINO